株式会社 大高商会

ホーム 製品のご案内 ラムコシートDuo

POINT01 リピート率80%以上!
防水の常識をくつがえす
20年以上耐久の品質

TPOとSBSを合体させた暑さにも寒さにも強い新品質
長期耐久性防水ルーフィング材(トーチ工法)です。

図:TPO(密着性と弾力性に欠けるが硬度があり、紫外線に強い※APPの改良品)+補強材(ポリエステル不織布とガラスファイバーの合体)+SBS(紫外線に弱いが下地に良く密着し、弾力性がある)=ラムコシート・デュオ

ラムコシートDuOの特徴

    • 縮まない、クラックを発生しない
    • 夏と冬の伸縮に対する抵抗力が強い
    • 低温下でも柔軟性を維持できる
    • 低温下でも引き裂き抵抗力が強い

日本の気候に最適な防水シート

改質アスファルト防水シートはヨーロッパから導入された優れた防水シートです。暑さに強いTPO(APP)シートと寒さに強いSBSシートは単独で存在していますが、日本のように四季があって寒暖の差が激しい地域では、2つのシートの特性を合わせ持つ事が耐久性の重要なポイントです。それを実現させた唯一の防水シートが「ラムコシートDuO」です。

図:TPO(APP)適用地域(熱帯・強紫外線地域等 150℃から-5℃まで)・SBS適用地域(寒冷地・豪雪地 110℃から-20℃まで)とラムコシートDuO適用地域(日本全国 180℃から-25℃)の比較

ラムコシートDuOは、TPO(APP)よりも暑さに強く、SBSよりも寒さに強い。
だから、日本中が適用地域!

ラムコシートDuO性能比較表

POINT02 驚異の品質保持性能!

施工後10年を経過したシートを切り取り、
公的機関に試験を依頼した結果、経年による劣化はほとんど見られず、
20~30年の耐久力があると証明されました。

三菱電機(株)伊丹製作所様・本館屋上にて施工面の一部を切り取り、SGS(世界的建材試験期間)にて経年性能劣化試験を実施(試験方法: EN 12317-1)しました。

施工面を切り取り、経年性能劣化試験を実施
ラムコシートDuO
製造時の基準値
10年経過後のシートの試験結果
寸法安定性 <0.3% -0.15%
流動抵抗 シート全体 >100℃ 120℃
表面 - 155℃
低温下柔軟性 表面 ≦-15℃ 長辺-18℃
短辺-24℃
裏面 ≦-20℃ 長辺-22℃
短辺-24℃
引張強度 >880N/50mm±20% 長辺 885N/50mm
短辺 770N/50mm
引裂強度 >110N 長辺 152N/50mm
短辺 150N/50mm
爪ひっかき試験 >250N 長辺304N
短辺359N

POINT03 高品質をフルにいかせる
責任施工

防水材がいかに優れていても防水工事では施工技術が重要なウェイトを占めています。当社では独自に教育した工事部隊を抱え、経験豊富な熟練の作業員が工事に従事しており、平場は勿論の事、難解な役物(架台廻り・パイプ廻り)についても問題なく施工できます。

施工の基本はまず下地処理です。経験豊かなスタッフが素地劣化部、危険箇所を的確に把握し、その状況に応じた最善の処置を施します。

  • 難解な役物廻りでも施工可
  • 平面部施工中(トーチ工法)
  • 完成

省エネ効果をご希望の方は
クールラムコがおすすめ

防水と併せて省エネ効果も御検討の方は、
防水シートの上にトップコートを塗装する
遮熱工法や高反射・遮熱防水シート
「クールラムコ」もございます。

クールラムコの製品詳細