ホーム > 施工事例 > 効果の持続性 > 東芝物流株式会社 九州支店様

約40℃の室温が、10年間を通して約33℃を維持 東芝物流株式会社 九州支店様 (福岡県・折板屋根:16,500m²)

10年後の温度差、変わらず

2Fの室温が37℃~40℃以上になる日もありました。クールサーム塗装後は33℃程度まで下がり、作業性が向上しました。また温度低下効果も施工後10年安定しています。
1996年8月(外気温36℃)の塗装直後に32.9℃を計測し、10年後の2006年8月(外気温35℃)でもほとんど変わらない33℃を計測しました。10年経過してもほぼ同じ効果を維持しています。

塗装前と塗装後、さらに10年後の室内温度

12年経過してもほとんど変わらない効果

塗装直後に80〜90%の日射反射率があっても 1〜2年で大きく下落し、温度低下効果を失くす 「遮熱塗料」が多数あります。 クールサームは12年経過しても 80%の日射反射率が実証されています。 (※クールサームの初期日射反射率は92.2%です)

試験結果報告書

クリックで拡大できます。