ホーム > 施工事例 > 経済・省エネ効果 > J社様

電力量40%削減をクールサームで実現 J社様(広島県・折板屋根660㎡)

原因は断熱材

屋根からの熱侵入を防ぐため天井面に断熱材(100mm)を敷設されていました。しかし、断熱材には熱を保持する性質があるため空調負荷増大の原因となっていました。この問題を解決するため、クールサームを採用して頂きました。

屋根裏温度低下

クールサームの塗装前後の屋根裏の温度変化を計測したところ、最大で22℃の温度低下となりました。

屋根裏温度変化の計測結果

屋根表面温度変化

屋根塗装面の温度変化を計測したサーモグラフィ画像。平均19℃の温度低下となりました。

屋根表面温度変化の計測結果

電力量 約40%削減

下図はクールサームの塗装前後の消費電力量を示したグラフです。塗装前は約180KWhだった電力量が、塗装後には約110KWhとなっており、70KWhの削減を実現しました。

クールサームの塗装前後の消費電力量

株式会社中電工様 測定資料